生活

色っぽい服装とはどんなもの?押さえておきたいポイントはここ!

色っぽい服装とは

 

色で言えば「白」と「赤」です。
おめでたいカラーですが、それぞれこのような意味があります。

白は清純さ。
信頼感や清潔感などの好印象があり、「尻軽ではなさそう」ということで「上品な女性」に見えます。
つまり「落とす価値のある女性」という印象を与えられるので、かなり「お得」な色。

赤は唇でも説明した通り、命の色、色気の色です。
成熟した人間、ということで大人っぽい色気を印象づけられる色です。

そういった理由から、白、赤、を取り入れると簡単に色っぽくなれます。

一度お見かけしたことがあって、とても記憶に残っていますが、真っ赤なロングコートをお召しの女性が駅地下を歩いていらっしゃいました。
すっきりしたデザインだったので「派手ではない華やかさ」が非常に美しい。ああいう「赤」の使い方も良いなーと思います。

コートに赤、中は白いセーター、もしくはニットワンピース、という合わせ方だと非常に効果的だと思われます。
私も赤は入れるのが苦手なので、頭を絞りました。
赤を取り入れたいけど大胆にはいきづらい、という場合、思いついたのは「リボン」や「スカーフ」などの小物で取り入れるということです。
男性は「リボン」などの紐状のものがお好きなようです。
解くとどうなるんだろう? と好奇心がくすぐられるとか。
中には「脱がすのも面倒」と言う方もいますけど、「焦らす」のは非常に有効なので、面倒くさがりさんでもけっこう受けるんじゃないかな?と思います。
リボンやスカーフであれば、ヘアアクセサリーでも可愛くなりますし、年齢も選びませんのでかなり使えます。

 

勝負服は持たない方が良い。
デートだから、と新しい服を買うのは楽しいことです。
でも特別な1着にするのではなく、出来れば普段から使えるものにしましょう。
特別な勝負服の印象を最初にお相手に持たせて、次に進んだ時の普段着や他の服装がいまいちだった時、「手抜き感」が出てしまう。
男性は普段からちゃんとしている女性に好感を持つもの、特別にするより、日常を重視しましょう。
そのため使いやすいカーディガンや、トップスに合わせやすいスカートを買った方がよほどお得です。
お出かけ用としてきれいなものを持っておく、という意識で良いと思います。

 

脱がせやすい恰好
これはもう、説明は要らないですよね(笑)
肩にベルトがあるようなものとか、脱ぎ方が自分でも分かりにくいようなものだと妄想が膨らみません。
紐状が好きらしい、というのも、引っ張れば解ける、解けたらはだける……という「展開」が読めるからです。
奇抜なものや「モード」なものはかっこいいので私も好きですが、色気となるとちょっと違います。レイヤードするならレストランなどの公共の場で自分でも脱ぎ着しやすいような服、が基準でしょう。

 

スカート
わかりやすく「女性」を印象づけられる恰好が良いわけです。
女性の恰好をするということは、女性として扱って良い、という許可を接する人全員に与えるようなものです。
そうなるとスカートはやはり鉄板。
とてもおしゃれな男性でない限り、スカートは女性のもの、というイメージがあるのでそれをはくだけで「女性」でいられます。
骨格診断などで「似合う」スカートは気軽に調べられます。
ぜひ活用なさって下さい!

 

マキシスカート
これはかなりフェミニンなアイテム。
ふわっとしたものなら「お姫様感」「お姉さん感」「清楚風」になれます。
夏なら透ける生地が良いですよ。裏地は透けたら大変だけども。
影のスカートが透けて風になびいてる、「あれがたまらん」という男性がいらっしゃいます。
マーメイドラインなら太ももまでなまめかしく見せるのに、でも下品じゃないので優秀。

 

ニットが最強なわけ
男性は女性の「柔らかい」ところに惹かれます。自分にはないような丸みですね。
ニットはそれそのものがふわふわと柔らかそうで、温かいものです。
抱きしめたら気持ちいいだろうな、と誰でも思ってしまいますよね。
そのためニットはその素材感からも「良い」のですが、もう一つ理由があります。
「体のラインが出る」からなんです。
無地系のものなら、胸の丸みがふわっと浮き出ます。しかもすっきりニットの場合、よりボディラインが強調されます。


そして露出をしているわけではないので、「エロ」ではない。しかも見て良い。
男性は薄着の女性だと「心配になる」ことがあるので、暖かそうなニットは心配もしないで済むというのも良いところ。

 

同じ理由で「タイトスカート」もファンが多いです。
ちなみに私も大好き。はくと「ああ、私は女だわ」と自覚出来るので。
とある男性(30代後半)が語るには、
「若い時はわかりやすくおっぱいだったけど、お尻がどんどん好きになってきて、そうするとタイトスカートに目覚めた」
とのこと。
お尻のラインがはっきり出る上、スリットが入っているのでけっこう「隙だらけ」
これがたまらんという男性は多いです。
お尻の形も綺麗にしておくと、より色気が出ます。

 

「隙」が好き。
タイトスカートでも書きましたが、「チラリズム」って今は言うのかな……?
ああいう、狙ったわけではないんだけど、何かの拍子で「見えそう、でも見えない!」なギリギリのラインがたまらんらしいです。
あからさまに狙ったものは逆に面白みがないので、あくまでも事故的なチラリズム、隙、が非常に色っぽいのだということです。
しゃがんだ時にちょっと脚の間が見えそう、脚を組み替えた時、ちょっと内ももが見えそう、上目遣いにしてくる時、シャツの間から谷間が見えそう……な瞬間です。
スーツスタイルだと隙が意外と生まれやすいのではないでしょうか?
きっちりオフィススタイルなのに、隙が出来そうというのはなんかもう、お得過ぎます。
しかもスカートだとストッキング穿くしね!ストッキングも好まれますから。
OLファンが多いのは頷けます。

体のラインが出るので、スキニージーンズなどの脚の線がでるものもけっこう人気です。
スカートよりは色気は出にくいですが、脚に自信のある方は良いですね。
「スキニーパンツで、ハイヒール、もしくはパンプス。そしたら足の甲が見える。あれがリビドーなんです」
と語る男性もいます。
ここも足の甲という「隙」ですね。
パンプスなどは女性のアイテムですから、こういった所で「女性を感じる」ものを取り入れると色気に通じます。

 

脚が好きな男性なら、ミニスカートやホットパンツは喜ばれます。
男性は意外と年齢は気にしていません。
20代半ばだろうが30代半ばだろうが大して変わらないというか、分からないらしいです。
というか「とにかく脚が見たい」ようです。
「むちむちしてても良いの、脚が良いの」とのこと。
スキニーパンツはくと皺の寄り方で見た目が……という場合、いっそホットパンツの方が良いかもしれません。

 

このようなスカートなら、スニーカーでカジュアルだけどそれが良いという男性もいます。「女の子だあ」と思うのだとか。

 

という感じで、色気のある服装とは? を書いて参りました。
わかりやすくまとめると、「女性」を感じさせる服装が良い、と言えそうです。
そして「白」で書いたとおり、ガード堅そうな女性が実は「色っぽい」「上品だけど狙ってみたい」になります。
おつきあいして、色んなところにデートに連れて行ってみたい、と思うようですよ。
そして品があるのにどこか「隙」があって、そして女っぽい。
重要なポイントはこれです。

 

では、これは絶対読んで欲しいのですが、
注意すべきNGファッションです。
まじめな話になるのですが、ぜひ読んで下さい。

 

過度な露出、エロエロな服装。だめ、絶対。
これは「性欲処理の道具」と認識されます。
男性の心理か、脳としてそうなるようになっているのです。
誰が悪いという話ではなく、大昔、狩りに出ていく男性にとっては一分一秒が命がけ。
そうなったらわかりやすく「エロ」な女性を見たら「そういうものだ」と考え、ムラムラした方が早いですから。

エロく見られたい、と思う女性も中にはいるのでしょうが、明らかに肉食系な女性より、大人しそうな女性に男性は行きます。
つまり、エロな女性を見てその時は我慢して、いったん沸いた性欲は別のところで発散させることが多いということなんです。
エロな女性に直接行かないので、あまり意味はないでしょう。
ムラムラさせられた男性が他のところに行って、無害そうな女の子がそんなつもりはなく巻き込まれたら?
もちろん男性は理性的な生き物ですから、滅多に犯罪は起こしません。
特に日本は諸外国に比べると「理性的な男性が多いので感心するよ」とのことです。
AVや他のメディアでささっと処理するでしょう。
ついでにエロな女性を「汚い」と思う人も多いです。
何がと言われると難しいのですが、おそらく「ヤリマン」だと思われるということ。
道具であり、もしかしたら軽蔑の対象にもなりかねない。
これは傷つくだけではないでしょうか。
昔で言う「花魁」な女性は逆に身持ち堅いものです。選んだ、選ばれたお客さんしか相手をしません。
現代でもグラビアアイドルさんがいらっしゃいますが、彼女たちの中で安っぽくない上品な女性がその後も活路を見いだしていますよね。
決して勘違いしないよう、エロな恰好は慎むようにして下さい。

 

それから、ビジューなどが流行ったことがありますが、ああいうのは色気にはなりません。
ラメやつけすぎたアクセサリーなんかも、触れると痛そうだな、と思わせたり、引っかけて落としてしまったら申し訳ないな、と遠慮させてしまいます。
装飾の派手なボタンもやめた方がいいでしょう。
柔らかい、体の線が出る、が良いです。
ボタンなら、前開きのシンプルボタンシャツは良いと思います。
脱がせやすいですもんね。

 

エロで行きたいなら、上品な色っぽい服装の中に仕込めば良いわけですよ。
つまり下着です。
これなら誰でも見られるわけじゃないですからね。
エロなデザインでも白なら下品になりにくいので、良いんじゃないでしょうか。

 

色で迷ったら、色による脳内ホルモンの分泌の違いというものがあるので、参考にしてみると面白い発見があるかなと思います。

赤色・アドレナリンの分泌・血の巡りを促す・興奮・情熱の色。

濃いオレンジ色・インシュリンの分泌・アルコール拒否・健康的で社交的な色。

淡いオレンジ色・グレリンの分泌・食欲を出す・元気で温かい色。

黄色・エンドルフィンの分泌・痛みを癒す・笑いを生む・朗らかな色。

黄緑・成長ホルモンの分泌・成長を促す・癒し・穏やかな色。

緑色・アセチルコリンの分泌・ストレス解消・安心・信頼感の色。

青色・セロトニンの分泌・血を作る・リラックス・集中・誠実な色。

青紫色・オブスタチンの分泌・食欲を抑える・繊細・優しげな色。

紫色・ノルアドレナリンの分泌・危機感を強める・リラックス・神秘的な色。

ピンク色・エストロゲンの分泌・血の巡りを促す・回復力を高める・優しい色。

白色・様々な分泌・筋肉を緊張させる・向上心・神聖な色。

黒色・特になし・心理的な安定・威圧感・神秘的・強く見せる色。

 

骨格診断やパーソナルカラー診断など、あなた自身をより魅力的に見せるための診断は多くあります。
ぜひ活用してみて下さい。
私の姉はパーソナルカラーを取り入れた結果、そういうことに疎い父親に久しぶりに会った時「今日顔色ええなあ」と言われておりました。
きれいに見えた何よりの証拠ですね。

 

もちろん好きな服装は良いです。
あなたという人自身を知ってもらって、お相手のことも知って、と個人個人のおつきあいを深めて行くのがベストです。
そのため、ご自身の「好きじゃないもの」を無理に取り入れる必要は一切ありません。

でも、もし「これは良いかも?」と思えるものや出来そうなものがあれば。
ちょっとしたところからでもやってみると、日常がちょっと楽しくなります。
今日は色っぽい系おしゃれをしたから、いつもと違う所へ出かけてみようかな? とかね。
男性の視線を感じた時、隠れるのではなく余裕を持って接することが出来るとか。

 

恰好をちゃんとする、というのは、同性からも好評です。
お店などにおしゃれをして行った時、女性店員さんが丁寧に接客して下さることが増えました。
TPOなど色々あるものですが、ちゃんとした格好をするというのは自分のためでもあるし、外出先への礼儀や敬意にもつながるためです。
カフェなどであれば、やはりきれいな人がテラス席などの目立つ席に案内されます。
良いでしょうか、あなたが「映え」になるわけですよ。

服装から自分にちょっとした自信をつけられますから、「服なんてどうでもいい」じゃなくて自分を飾ってあげましょう。
それでは!

 

姉妹記事はこちら↓

色っぽ体型は誰でも目指せる! 注目したいのは……

キスしたい、咥えてみたい。そんな色っぽ爪とは?

色っぽ髪がもたらす効果

色っぽくちびるになりたいあなたへ。

目は心の窓 色っぽい目は人を惹きつける

 

follow us in feedly

-生活
-,

© 2023 椿の庭 Powered by AFFINGER5