言語切り替え

当サイト「椿の庭」は、広告収入、「OFUSE」からの投げ銭を収入源として運営されています。

コスメ 生活

しわくちゃだった「おまた」がふっくらした話。

※当記事は「広告」が含まれています。

あなたの自信を輝かせる秘密のケア

ふと鏡を見つめる瞬間、あなたはどれだけ自分を愛せていますか?

心と体のケアは、自信という美しさを育む大切な要素です。特にデリケートゾーンのケアは、夏の薄着や水着シーズンに向けて、気分を一層明るくしてくれるでしょう。

 

私の経験を少しシェアさせてください。
かつては、ゾウの肌のようにしわくちゃになり、黒ずみが気になっていました。なんだかそこだけ老けた印象があったものです。

(ゾウ自体は可愛い動物なんですけどね。あくまでも物のたとえです)

恥ずかしさから毛を伸ばし、ビキニラインからはみ出る部分だけを剃って整えるのがやっと。
でも、ある日、思い切って全て剃ってみたのです。
(実は形を整えて剃るのが面倒になってしまったという……そもそも私は面倒くさがりです。秘密ですよ)

すると、驚いたことに、以前の気になる部分がふっくらとしていたのです。

このイメージ画像に近づいてきています。嬉しいです。おまたは剃ってみてみると、けっこう可愛らしい部分でもあります。

 

この変化には、いくつか考えられる理由がありました。

 

まず一つ目は、ジャムウハーバルソープ。
毎日のケアに取り入れることで、肌のターンオーバーを促し、栄養豊富なキャリアオイルが潤いを与えてくれた結果では。

【広告】

日本で20年以上愛される「ジャムウ・ハーバル・ソープ」自然の力を活かしたデリケートゾーン専用石鹸をご紹介

二つ目は、スキンケアオイル。
シャワー終わりにおまた全体に優しく塗り込むことで、3ヶ月後には目に見える変化が訪れたのでは。

そして三つ目は、膣トレとこれらのケアの相乗効果です。
(この三つ目の可能性が最も高いですね)

 

この経験を通じて、私はデリケートゾーンのケアがもたらす自信と快適さを実感しました。
「パイパン」というスタイルは人それぞれの好みがあるものですが、何よりも大切なのは、自分自身が心地よく感じることです。
今年の夏、薄着や水着で自信を持って過ごすために、デリケートゾーンのケアを少し意識してみませんか?
その美しさは、あなたの内側から輝き出します。

 

実はこれ、マジです。
あなたのあそこが健康的で潤いが保たれていると、脳も体も内側からうるうると健康的になっていきます。美肌にもなりやすくなります。
女性は子宮でものを考える、男は睾丸でものを考える、とは昔差別的に言われていましたが、けっこう的を射ている意見でもあるのです。
生理前になるとイライラしたりするのも、排卵日にムラムラ、あるいは不安になるのも結局は性器の問題。
男性が性的な欲求不満で攻撃的になるのも性器の問題。
かなりデリケートな話は、デリケートゾーンに密接に関わっていることもあるのです。

 

スキンケアオイルは個々人の肌質に合ったものを使うことが望ましいです。
デリケートゾーンから更に膣内にもオイルを馴染ませ、膣出入口周辺をマッサージした方が良いので、なるべく自然物で、肌に合うものを選ぶ必要があります。
私は食用の米油が一番良かったのでこれをスキンケアにも使用していますが、人によっては「良質なオリーブオイル」かもしれませんし、メジャーに椿油、ピーチカーネルオイル……というキャリアオイルが合うかもしれません。
自分の指を膣内に入れることに抵抗がある場合、外側の陰唇全体だけでも良いですし、コットンにオイルをしみ込ませてパックのようにしてもOK。


あなたの内なる美しさを引き出すために、少しの手間を惜しまず、自分を大切にすることを楽しんでください。

 

 

※パッチテストを必ず行いましょう。

※不純物があるかもしれない安価すぎるオイルは決して使わないように。

※効果の現れ方には個人差があります。

※他の要因も考えられますので、お食事、運動などの健康も意識してみましょう。

※妊娠中の方は、必ず専門の先生に相談し、「会陰マッサージ」の適切な指導を受けて下さい。上手くすれば安産になる可能性もありますが、要注意です。気を付けましょう。

 

 

ありがとう!当サイトはあなたの応援で成り立っています。

クリックしていきなり課金というわけではないので、そこはご安心くださいませ。

OFUSEで応援する! 無料コメントもお待ちしております!お気軽にどうぞ。

運営者:深月 カメリア

-コスメ, 生活
-,

© 2024 椿の庭 -The Camellia Garden- Powered by AFFINGER5