言語切り替え

当サイト「椿の庭」は、広告収入、「OFUSE」からの投げ銭を収入源として運営されています。

「Sex」にまつわる事

処女卒業するならこれを読んでからにして下さい。痛みは絶対か?「正しいセックスなら痛くない」は本当か?

【広告】

痛みを感じずに処女卒業は可能かどうか?
処女卒業は絶対痛いのか?
これは人ぞれぞれです。

 

 

多くの質問の究極の答えは常に「人による」なのですが、女性の体は一人一人違います。
性に関することほど「人による」し、もっというと「女性一人一人、個人による」のです。
そのため、痛む人当然はいますし、痛くない人もいるのです。
「処女だから痛いのが当然で、痛くない人は「ビッチ」だ」ということは一切ありません。
反対に、処女卒業した後……それこそ「ビッチ」でも痛みを感じる人はいます。

「ちゃんとすれば処女でも痛くない、血も出ない。正しいセックスは苦痛を伴わない」という説もありますが、これも絶対ではありません。

そもそも、なぜ痛むのでしょうか?

一つには、充分に愛液が分泌されていないのに挿入され、こすられることで膣の肉壁に傷を負ってしまう場合です。
当然痛みますし、血も出ます。傷が出来れば感染病のおそれも出てきます。これは処女に限りません。
これに関しては「ちゃんとしたセックスをすれば大丈夫」に当たりますが、もう一つあります。

 

それは「処女膜」です。

「処女膜」もまた、一人一人違います。
処女膜は膣内の入り口付近を完全にふさいだ、ラップみたいな膜……というイメージがある人もいるでしょう。
しかし、本当は「穴」が開いていたり、三日月のような形でついていたり、ヒダ状になっていたりします。
人によって処女膜の形状がまず違っており、穴タイプだとしても大きさや数の多さがまた個人個人違うのです。
処女膜は女性特有の、体の中に直結する穴を、細菌等から守るためにあるのでは、と考えられています。
決して「性行為の時、処女だと証明するため」ではありません。
なぜ穴が開いていたりするのか?
経血を出すため、というのが一番大きな理由ではないかと言われています。
完全に塞がっていると、子宮内でいらなくなってしまった細胞を血として排出することが出来なくなります。
お腹の中をきれいにしてくれた経血が出なくなるとちょっと大変なことになりますね。
そのため、処女膜は多くの場合血が出るよう、穴が開いていたり、三日月状のようになって隙間を作っているのです。
(稀に、完全に塞がっている、先天性の「処女膜閉鎖」という状態の人もいます。
下腹部の異常な痛み、18歳になっても初潮がないなどで受診し、発見されることもあります。
不妊や子宮留症などになってしまう恐れがあるため、気になった方はすぐに病院へ行きましょう)

さらに「厚み」も人それぞれ違うのです。
およそ5~10mmと言われており、10mmとなるとなかなかの厚さです。
ラップ程度の人もいるでしょうし、餃子の皮くらい、という人もいるでしょう。
おそらくもっと厚い人もいるかもしれません。
一回のSex、挿入では破れず、3回目くらいでようやく……という女性もいます。
この処女膜には血管が通っており、これが挿入等により破れる時、厚く固いのであれば、痛みになったり出血の原因になってしまうのです。
処女膜が薄い、穴がそもそも大き目、挿入でも邪魔にならない形、位置、処女膜自体が比較的柔らかい……ということであれば、痛みも少なく、あるいは全くない可能性はあります。

 

そのため「正しいセックスならば処女卒業の時でも痛くないし、出血もしない」という考えは少し危険です。

 

その他にも痛みの原因はあるか、を見てみましょう。

性交時の緊張やリラックス度。性交時に緊張や不安を感じている場合、筋肉が緊張し、性器周辺の痛みが増加することがあります。リラックスしている場合は、痛みを感じにくくなることがあります。

十分な潤滑。性器の十分な潤滑は性交時の快適さに重要です。不十分な潤滑があると、性交時に摩擦が増え、痛みや不快感が生じる可能性があります。適切な潤滑剤を使用することで、痛みを軽減することができます。

前戯の重要性。十分な前戯を行うことは、性交時の快適さを高めるために重要です。前戯によって性器が興奮し、潤滑が促されるため、痛みや不快感を軽減することができます。

ホルモンの変化。ホルモンの変動やバランスの崩れによって、性器の組織や粘膜の状態が影響を受け、痛みを引き起こすことがあります。
生理前、生理中は体中の体液が失われていくような、乾燥状態になりやすいです。
栄養を運んでくれる血が出ていくわけですから、興奮やリラックスを司る血中ホルモンも減っています。
そのため普段よりも感じにくくなっていることが多いのです。

健康状態。貧血状態でも感度は下がりますし、血液以外の体液不足、気力のなさ、疲れ、睡眠不足などでも感度に影響が出るものです。
感度が良いのは健康である証拠でもあります。

 

私の場合は完全に処女膜と緊張でした。
それと、産まれた時に股関節脱臼をしており股関節と骨盤に不安があったこと、運動もそのころはほとんどしていなかったので、体自体もかなり固かったのでしょう。
知らないことへの挑戦や、初めての性行為はどれだけ相手を好きで信頼していても、緊張する人はします。
リラックスすることはかなり大切です。どれだけ愛撫を尽くしてしっかり濡れ、ジェルやローションの助けを借りても、それで緊張や不安が全てなくなるかといえばそうとも言い切れません。
緊張は筋肉を硬直させます。当然あそこにも影響はあるわけで……。
決して無理をせず、始めは前戯で性感を得て、「ああ、気持ちいいんだ」ということを覚えていくと良いでしょう。

 

精神的なもの。
特に多感な少女時代、性的なものを「けがらわしい」と思ってしまうことは、多かれ少なかれあるのではないでしょうか。
痴漢されたとか、突然にそういうシーンを何かで見てしまい、男女の本能的な側面に怖くなってしまった……など。
セックスをしたことがあって、嫌だとは思っていなくてもいわゆる「賢者タイム」には男性だけでなく女性がなることもあります。
その時は気持ちいいと感じていても、終わると妙に嫌気がさす……これは考えや価値観だけではない部分でなぜかそうなってしまうこともあるのです。
「愛」が感じられないから、という理由もあるでしょうし、快感を得ている自分が他人に思える、ということもあるでしょう。
人の心理は複雑で、原因要因は本人にしかわからず、本人もわからないことがあります。
そういった嫌悪感がなんらかの形である場合、挿入時に嫌気がさし、愛液が出なくなって痛みになる……という可能性はあります。
精神的なものはかなり多岐にわたります。以上はあくまでも一例にすぎません。
一番大切なのは、例にしたがうのではなく、あなた自身があなた自身を大切に愛おしんであげることです。
処女は絶対に卒業しなければいけないものではありません。
セックスも恋人とは絶対にしないといけないものでもありません。
お互いが幸福なら、Sexなしでも充分素晴らしいことなのです。

 

男性器が大きすぎる。
欧米人のペニスは勃起しても柔らかいのだそうです。
これは日本人と比較して、ということらしく、日本人のペニスの固さはかなりのもののようです。
大きいのは悪い事ではありませんが、挿入の際に時間がかかるでしょう。
じっくりゆっくり、あそこをしっかりほぐすようにしましょう。

 

病気の疑いも?
・性器の感染や炎症。性器の感染や炎症がある場合、性交時に痛みや不快感を引き起こすことがあります。性行為によって性感染症が広がることもありますので、異常な症状がある場合は早めに医師に相談することが重要です。

・陰毛はどうか? 女性器はクリトリス、尿道、膣口、肛門……と近くなっており、陰毛により蓋をされているようなものです。風通しが悪いと雑菌が増える……というやつで、昔は下着がなかったのですが、今はほとんどの人が下着を身につけますので風通しは悪くなっているでしょう。
陰毛は濃いようであれば、多少梳いてみましょう。
(下着は見えない菌や冷えから守る役目もあります。下着が悪いわけではなく、清潔を保てているか?がポイントです)

・清潔にしていれば大丈夫、とおしっこの時にもウォシュレットのビデ機能を使っていませんか?
陰部には善い常在菌がいて体を守ってくれていますが、これが洗い流され、さらに飛び散った大腸菌などを膣や尿道に押し込んでしまうことがあるのです。
おしっこの際にはなるべくウォシュレットは使わないようにしましょう。

 

室温など、快適な空間はどうか?
・真冬に暖房なしの部屋では服を着ていても寒くSexどころではありません。
真夏に冷房なしでは座っているだけでも熱中症になります。
夏場なら25~28℃、冬場で18~20℃ほどとされていますが、人によって好む温度は違います。
お互いにとって(特に女性にとって)快適な室温にしましょう。

・部屋のニオイが気になる、ベッドやソファや床が汚れている、明るすぎる、周囲の目が気になる……などなどリラックス出来ない空間になっていませんか?
こういった外部の要因は意外と大きな影響を与えます。

・ラブホテルを利用するのだとしても、ちょっとお値段は高くてもセキュリティ、お風呂、シャワールーム、ベッド……と室内のグレードはケチってはいけません。
彼がケチっているのなら、関係を考え直した方が良いかもしれません。彼らは本命の彼女は良いホテルへ連れて行きます。
ただ、それぞれに「懐事情」があります。
あなたの基準と彼の基準は違っているかもしれません。お金の話は下品?いいえ、大切なことです。
ちゃんと現実的に大切なことを話し合える人とお付き合いしましょう。現実的に大切なことは、男性もしっかり考えているものです。

 

ではどうすれば痛みを軽減できるか?

以上を踏まえて考えてみましょう。

1・まず自分の体をしっかり理解する。
膣の形状を知るのは難しいことですが、少なくとも色んな形状厚さがあるので、自分も人と反応が違って当たり前、違って良いんだと思えばプレッシャーは減ります。
性感帯の位置は知っておくと流れがスムーズです。自分の指や、ファンデーションブラシのような柔らかいものでそっとあちこちなでて、反応を確かめてみましょう。
女性の体は全身性感帯になる可能性を秘めています。自分でも意外な快感ポイントがあるものです。

2・精神的なリラックスをちゃんと得る。
これはとても大切です。体がほぐされやすい室温にし、空腹でなく、睡眠不足でもない。
いきなりSexに流れ込むのではなく、相手との空間に親しんでいきましょう。

3・コミュニケーションを重視する。
これで女性は心の準備が出来、体も開かれやすくなると彼にわかってもらいましょう。

4・見つめる、肌をそっとなでたり、軽いキス、深いキスを楽しむ。
スキンシップから入り、前戯である愛撫を充分にし、愛液があふれるくらいにして、しっかりじっくり中を指でほぐす。
(むしろ前戯こそ本番、という人もいます。これ、良い言葉ですよ。素晴らしいです)

5・不安があるならジェルをたっぷり使う。ケチらない、出し惜しみしない。
緊張すると愛液が出にくくなるので、こういったサポートグッズに頼るのは甘えではなく、スキンシップの充実のために大切なことです。

6・挿入に対する不安が出てきたら、彼にちゃんと伝え、お互いに焦らないようにする。
素股……ペニスとクリトリス、など、濡れた互いの性器を擦りつけ合うだけでもけっこう気持ちいいし、興奮も出来ます。
彼に我慢させてしまうのが悪いな……と思うのなら、素股や手コキなどでオーガズムを手伝ってあげる(いきなりすると彼が驚くかもしれない。一言「手伝っても良い?どうすれば良くなれる?」と確認しましょう)とか、謝るよりも「気遣ってくれてありがとう。すごく嬉しい」と好意的に気持ちを伝えてあげましょう。

7・体位を変えてみよう。
正常位で入りにくい場合、対面座位、騎乗位、横抱き、バックを試してみましょう。ペニスや膣口の位置、角度も人によって違うので、入りやすい角度も違います。

8・挿入後はゆっくりする。いきなり動いたりすると摩擦で傷がつくことがある。
良い方で言えば、長くくっついているだけの時間でもオキシトシンが増え、よりラブラブなSexが出来るようになる。

9・初めからオーガズムを追わない。中イキはかなり難しいものだから、不感症ではないので心配しないで。

10・挿入が全てではないと心得る。抱き合っているだけでも幸せなら、それも良い。

 

しっかりと性的快感を得られると?
オキシトシンという愛情ホルモン、興奮させるドーパミン、リラックスさせるセロトニン、女性ホルモン・男性ホルモン(男女ともに両方のホルモンを持っている)が分泌され、より気持ちよくなっていきます。
さらに痛みを軽減させ、快感を強くし、精神的な充実感やリラックスをもたらすエンドルフィンも分泌されます。

こういったホルモンの助けを得られれば、処女卒業であっても痛みを軽くすることは可能かもしれません。
しかし個人差がありますし、体調にもよります。
こういう仕組みがある、という理解があるだけでも、しっかり愛撫することやリラックス、ムードの高まりがいかに重要かという安心材料になる……と良いな。
ぜひ参考にして下さい。

 

処女卒業の際に痛みがあっても、それはどちらも悪くありません。
彼がしっかりやっていないから、女性側がしっかり準備していないから……というだけが原因ではないのです。
処女卒業は痛いのも普通で、痛くないのも普通なのです。
どちらも異常なわけではありません。

しかしあまりにも痛みが強い、何度かSexしたけど痛みがある場合は必ずお医者さんに相談しましょう。
何かの病気のサインかもしれません。

※リラックスが良いからといって、お酒や薬に頼ると逆効果です。

 

 

さて、処女卒業のサインとしてSexのあとは出血しているもの、という描写はかなり多いです。
確かに処女膜の作りから言って、出血する可能性はかなり高いのですが、上記の通り処女膜にも色んな形状、質があるのです。
だから「処女だったはずなのに血が出ない、処女じゃなかったんじゃないか」というのは正しくありません。

 

処女膜に柔軟性があると痛みを感じにくく出血もしにくい!?

例えばスポーツなどをしていて体の柔軟性が伸び、処女膜自体にも柔軟性が出た可能性もあります。
処女膜自体が大き目の穴が開いていて、だから初めての挿入でもすんなり入って血が出なかった、膜が破れなかった可能性もあります。

本当は出血したけど、愛液がたっぷり出ていたので薄れた、という可能性もあります。

なんらかでおまたをぶつけ、その際にたまたまやぶれた可能性もあります。

 

そのため、「処女かどうかを確認する材料」は本当は存在しないのです。
出血があっても普通で、出血がなくても普通なのです。
ですが、大量出血した、Sex後出血が止まらない時はお医者さんにすぐ相談しましょう。

 

処女を相手にしたいから、という理由で相手を選んでいるような男はよろしくありません。
そういう輩が少女の初めてを奪っていき、「20超えの良い女に処女がいない」と無責任に嘆くのです。

 

一番大切なのは、Sexしたいから恋人になったわけではなく、好きだから恋人になったということ。
誠実な男性なら、あなたが処女であっても嫌がらず、むしろ大切にしてくれるだろうし、処女でなくても誠実なお付き合いが出来ているならもちろん大切にしてくれます。
(しかし男性は女性からすると言葉が不器用なことが多く、処女だと聞いて少し間が開く可能性があります。いきなり関係を進めてはいけない、という自制の可能性があるので、それとなく確認するか、普通に接しておきましょう。間違っても焦ってはいけません)
良い男性と良いお付き合い、良いセックスをして下さい。

 

処女神話と処女性。
男性からすれば、好きな女性が処女だと嬉しいものでしょうし、女性からしても処女をささげる相手が好きな男性、というのも嬉しいものです。
でもよく考えたら、処女でなくても好きな人との初めてのベッドインはやはり「はじめて」なんですよ。
処女信仰にずっぽりはまっているちょっとアレな男性は置いておいて、そういった「はじめて」を大事にできる女性のもっているのが、処女でなくても「処女性」です。
言い換えれば相手に対する礼儀と敬意、愛情があるということです。

ちょっと屁理屈になってしまいましたが、本当に大切なのは心です。
(子供でも男性でもレズであっても)自分以外のものを実際に受け入れ、受容という愛情を与えることが出来るなんて、女性の体はどれだけ素晴らしいものか。
まず自分自身と相手を大切にし、尊重し、愛おしんであげましょう。

 

通説は色々あり、個人の経験によって全く違う意見も出ます。
性の話は奥深く、本当に正しいものはちゃんと昔からあるかもしれないし、今でもやはり少ないのかもしれません。
ですが、以上が参考になった、あるいは、気持ちが楽になった、であれば幸いです。
それでは、ありがとうございました。

 

潤滑ジェル(もしくは潤滑ゼリー表記)は処女さんは持っておいた方が絶対良いです。

「医療機器」として認定されているコンドームを使いましょう。
(ペニスの形や大きさによってぴったりのものが違うので、彼のものに合わせて選ぶ必要があります。さらに素材によってアレルギーが出ることも。ゴム製は意外とアレルギー持ちの人も多いので、シリコン製のものに変更するなど柔軟に考えましょう)

その他にもサポートグッズはたくさん売られています。

以下のサイトを見てみると色んな発見がありますので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 アダルトグッズのNLS

 

 

 

 

 

 

ありがとう!当サイトはあなたの応援で成り立っています。

クリックしていきなり課金というわけではないので、そこはご安心くださいませ。

OFUSEで応援する! 無料コメントもお待ちしております!お気軽にどうぞ。

運営者:深月 カメリア

-「Sex」にまつわる事
-, , , ,

© 2024 椿の庭 -The Camellia Garden- Powered by AFFINGER5