小説 黒豹とかたつむり

「黒豹とかたつむり」第18話 望むこと

 土曜の夜にも棚田は演奏のためアンダンテに向かった。
 紗矢は彼を見送り、ホテルで待った。
 夜遅くになるだろう。帰りは翌日である。
 ホテルでの生活はもう終わるのだ。紗矢は起きて彼を待つ。
 造花をまとめてブーケにする。
 カレントに納めるものだ。水色のリボンを結ぶと、急に気持ちが引き締まる。このままではいられない。カレントは居場所ではなくなった。
 カーテンを開けると賑やかな繁華街の明かりが眼下に広がる。
 小さな店に、無数の物語。
 明かりが一つ一つ消えて、時間が過ぎ去ると別の場所に明かりが灯る。
 ああ、もうすぐ帰ってくる。
 そんな予感に振り返ると、ドアが開いた。
「お帰り」
「……ああ。ただいま」
 彼はいつも、一瞬間をおいてから挨拶を返す。
 そういえば「ただいま」を聞いたのは初めてだ。
「今日もお客さん、多かった?」
「いつも通りだ。9月ももう、下旬になるのか……」
「お店が閉まるんだね」
「ああ」
 棚田はしっかりと頷いた。
「紗矢」
 名を呼ばれ、顔をあげるとしっかりと抱きしめられる。
 紗矢も手を彼の背にまわし、顔をあげた。
「今日で終わりだ」
 朝になったら、このホテルを出て行く。その決まりだ。
「うん」
「昨日の続きを話すよ。俺は……紗矢に側にいて欲しい」
「……うん」
「どこへも行くなよ。俺から離れるな」
 棚田の手に力がこもった。紗矢は唇を噛んで、彼を見つめた。その瞳はどんどん広がっている。
「夜にはきみを抱いていたい。朝には最初にきみを見たい。帰ってきた時……紗矢に迎え入れて欲しい。望むのはそれだけだ」
「わがままだね」
 そう笑って言うと、棚田も笑った。
「そうだな。諦めないと誰かが悲しむ、なんてのは、俺の勝手な決めつけだった」
「うん。ねえ、お願いがあるの」
「ん?」
「もっと棚田さんの心を見せて」
 棚田は困ったように眉を寄せ、紗矢を覗き込んだ。
「どういう意味だ?」
「そのままだよ。もっとわがままになってよ」
 棚田は面食らったように口を開けた。まばたきをすると、紗矢の体を持ち上げる。
 視線がぶつかり、紗矢が挑発的に見つめると棚田はふんと鼻を鳴らした。
「覚悟しろよ。ずっと我慢してたんだ」
「あはは! やっぱり色々あるんだ」
「あるさ」
 棚田はそのまま紗矢をベッドに運んだ。
 ぼふん、と布団と枕の空気が一気に抜ける。紗矢は覆い被さってくる棚田の腕に手を添えた。
「ねえ、よく考えたらプロポーズみたいだった」
「そうか? 思ったままを言っただけ……そうだな、いっそこのまま一緒に住むか」
「そうする? どっちの家?」
「どっちでも良いかな。思い立ったが吉日だ」
 棚田は紗矢の脇に手をいれ、肘をつく。紗矢が両手を頭の上にあげる。
 棚田はそれを追い、指先を絡め合うと唇を食むようにキスをした。

 

次の話へ→「黒豹とかたつむり」第19話 本心と本能 *官能シーンあり

 

耳攻め体験してみない? えっちなASMR多数!もちろん男性向け作品も……

follow us in feedly

-小説, 黒豹とかたつむり
-

© 2022 椿の庭 Powered by AFFINGER5