当サイト「椿の庭」は、広告収入、「OFUSE」からの投げ銭を収入源として運営されています。

商品 音声作品

試聴あり!「官能美術館 ー千匹皮ー」CV茶介

【広告】

情熱的な男性に激しく、優しいけどずるい男性にずるく甘く――二人から求められる、贅沢な音声作品

 

はぁ、たまらん。やっぱり茶介さんって、すごいわ。

これは音声作品ならではの、映像では難しい世界観をばっちり表現した作品です。惹き込まれますし、映画のように楽しめます。
この界隈では大ベテラン。大人の男性といえば、な人気声優さんである茶介さんが見事に「情熱的な王様」と、「紳士だけどずるい男性」を二人一役で演じてらっしゃいます。

千匹皮というグリム童話を題材にした絵画に描かれた「王様」に一目ぼれし、その「王様」に一目ぼれされ「おとぎ話の明晰夢」に迷い込んだヒロイン。
それを見守る男性の物語を疑似体験。
2人とも、最後にそれを言うなんて本当に「ずるい」

さすがに茶介さん、大人ならではの余裕あるエロも素晴らしい。
とろけそうなリップ音にどれだけの女子が腰を抜かしたことでしょうか(!?)。

聞き終わりはクラシックな映画館から外に出た時のあの何とも言えない感覚。
古典映画のような物語と、現実の恋物語を交互に味わえる珠玉の一品です。

もう本当に、王様かっこよすぎる。声がぴったりすぎる。最高です。

【特典ドラマCD付】官能美術館 -千匹皮-/茶介

track
1.ミュゼ・ソンシエル(官能美術館)という名のカフェ
2.物語の世界
3.千匹皮
4.目覚めのお茶会
5.名前のない王様
6.受け止めてくれる人
7.月下の婚礼
8.現実の恋

〈官能美術館:概要〉
ここは心と官能を満たす場所

〈『官能美術館 −千匹皮−』作品説明〉
○作品キャッチコピー
「物語の彼は熱く激しく、現実の彼は狡くて優しい」

○あらすじ
裏通りに最近オープンした店にあなたは興味を持っていた。
何度か前を通りすぎていたのだが、今夜は思い切って中に入ってみた。
店はギャラリー兼カフェで「ミュゼ・ソンシエル(官能美術館)」という名前らしい。
あなたは『千匹皮』というタイトルの「王と王女の絵」に心を惹かれた。
出典はグリム童話らしく、オーナーは絵の内容を解説してくれた。
「このふたりは親子です。王女は父親の王様に近親婚を申し込まれるんですよ」
その時、あなたの耳に「誰かの声」が聞こえてきた──

○キャラクタープロフィール
火馬栄(ひうまさかえ)
カフェ「ミュゼ・ソンシエル」のオーナー。曽祖父の遺した美術品を店内に展示して来店客の目を楽しませている。あなたの夢の話に耳を傾けてくれる。

千匹皮の王(せんびきがわのおう)
『千匹皮』の絵の中にいて、あなたの夢に出てくる人物。あなたを「娘の王女」に仕立て上げ、激しく情熱的に求めてくる。

=特典ドラマCD内容=
「チェスと駆け引き」(3Pシーンがあります)
本編後、しばらく経った頃のアフターストーリー。
栄との付き合いは順調に続いていたが王様の夢を見なくなったことにあなたは寂しさを感じていた。
そんなあなたの気持ちを見抜いた栄は、自分の夢を見るようにあなたに暗示をかける。
すると、その晩の夢では王様だけでなく栄も登場し、ふたりはあなたを賭けてチェスで勝負をつけることに。
勝負はつかずドローとなり、あなたはふたりに同時に愛されることになる。

 

 

以上はDLsiteでのダウンロード販売となっております。会員登録がまだの方はこちらからどうぞ。

 

登録方法はこちらでご確認下さい。

 

 

-商品, 音声作品
-, ,

© 2024 椿の庭 Powered by AFFINGER5