小説 続・うそとまことと

第15話 本音

 別荘で一人、適当にテレビをつけていた塚田は突然の来客にドアを開けた。
「ボンソワール! ご機嫌いかが~って……」
 現れたのは2020の形をしたサングラスをかけ、アフロのカツラをかぶった城田だった。
 塚田は見なかったことにしてドアを閉める。
「塚田ちゃん! ひどいよ! 寒い中やってきたのに!」
「いやほんとどういうつもりかわからないです。あたし今パーリーピーポー迎える気力ないんで」
「ぱーりーぴーぽー?」
「はしゃぐの大好きな人達のことです」
 塚田は結局ドアを開け、城田を迎え入れる。
 だだっぴろい別荘のリビングに、人の気配が増えるとその分明るくなったように感じる。
 塚田はティーポットを操って、城田にノンカフェインの緑茶を淹れた。
「うーん。やっぱりそういう”おもてなし”はぐっと来るなぁ。日本に帰りたくなるよ」
「紅茶ならこっちにもいっぱいあるんじゃないですか?」
「紅茶と緑茶はほら、やっぱ雰囲気が違うし」
 そういうと城田はコートやマフラーを取り、カツラとサングラスも外してソファに座った。
 塚田の淹れたお茶をすすり、何度も頷く。
「いいね」
「何しに来られたんですか?」
「ああ、監督とノエル、他のスタッフも何人かこっちに来るって。ちょっとしたパーティーだね」
「連絡はもらってませんけど……」
「ごめん。サプライズのつもりで……」
 塚田は額を抱えた。
 というのも塚田はすっかり気を抜いた部屋着姿で、スリッパもぶかぶか。眼鏡は仕事用のスタイリッシュなものではなく、黒縁の大きめなもの。
 髪も頭頂部でお団子、すっぴん……とあまりにかわいげのない格好なのだ。
「言っといて下さいよ……着替えてきます」
「ええ? いいよ、そのままで」
「これ見られるのは恥ずかしいですよ!」
 塚田はそう言うと眼鏡を外し、髪をほどくと寝室に向かった。
 階段を登っていると、城田が声をかけてくる。
「一人? 中原と上原は?」
「デートですよ。ご存じでしょ」
「だったら僕、遠慮しようか。マティス達と出直してくるから」
 塚田は階段の踊り場で立ち止まり、城田を見た。
「別に良いですよ。ここあたしの家じゃないし」
「そういう問題? 女の子が一人なのに男を入れるもんじゃありません」
 城田の意見に塚田は明後日の方向を向いた。
「女の子って年齢じゃないですよ。とにかく着替えるので、適当にくつろいでて下さい」
「塚田ちゃん」
「良かったらおつまみでも作ってて下さいよ」
 塚田は何か言いたげな城田を置いて、寝室で着替え始めた。
 ちょっとしたパーティーと言っていたし、多少はおしゃれにした方が良いのか、と黒のワンピースを取り出す。
 ふと目をやったのは、細長い荷物だ。
 ミクと琴に着せてやろうと思って持ってきたもの。
 好奇心旺盛な二人は塚田に中身を訊いてきたが、塚田はそれは開けてのお楽しみ、と答えを教えなかった。
 塚田はふーっと息を吐くと、化粧台に向かって手持ちのメイク道具を広げる。
 目に入ったのは新品のリップ。
 琴が「塚田さんは透明感のあるオレンジ系の赤が似合いますよ」とくれたのだ。
 封を切ってくるくると出し、アップルティーのような鮮やかな色に首を傾げながらも頷く。
 あまり器用ではない塚田だが、丁寧にリップをつけるとそれなりに顔全体が引き締まって見えた。
 よし、と塚田は寝室を出、階下を見下ろした。
 何か焼いているのか、美味しそうな匂いがする。
 塚田が言ったとおり、城田はおつまみを作り始めたらしい。
「何作ってるんですか?」
 キッチンに向かいながらそう声をかけると、城田がにっこり笑って振り返る。
「簡単にアヒージョね。後は野菜のオリーブオイル炒め。すごいな、ここ。調味料揃ってる」
「ミクと上原さんはグルメだから。というか、まあ食事も自己管理のうちみたい」
 塚田は手際の良い城田の調理に感心したように見入る。
「お上手なんですね」
「まあ一人暮らしが長くてね。褒められたもんじゃないけど」
「お一人なんですか」
「そう。困ったもんだよね~」
 城田は次々に料理を完成させる。
「これはパーティーで出そう。こっちは僕らで先食べちゃおうか」
「おっ、良いですね。お酒だします」
「持ってきたのがあるよ。赤も白も」
 城田の作ったアヒージョをつまみに、白ワインを開けて食べ始める。
 オリーブオイルのじゅわっとしたうま味がマッシュルームに馴染み、なんとも美味しい。
「美味しーい!」
「気に入った? あ、これもあるよ。鴨肉のロースト」
「作ったんですか?」
「家で作ってきたんだ」
「んん! やばい。美味しい」
「やったね。塚田ちゃんも作ってよ」
 城田の一言に、塚田は表情を固めた。
 早い話が塚田は料理が苦手である。
 火加減が悪い、切り方が悪い、味付けが悪い……琴とミクがキッチンで絶句していたくらいだ。
「あたし料理、ほんとダメ。出来ない」
「そうなの?」
 城田は目を丸くしながら、鴨肉のローストを口に運んでいる。
「あんま女の子らしいことが苦手なんですよね。裁縫もダメ、料理もダメ、掃除も苦手……彼氏は呆れちゃって、ふられてばっか」
 城田は首を横にふり、さもかわいそうに、と言わんばかりの顔を作った。
「かなしいねえ。僕は逆だよ。重いの持てない、少女漫画大好き、ファッションもメイクも大好き、最近じゃ香水とか集めちゃうしさ、昔はオカマなんじゃないかと自分でも疑ったし」
「オカマなんですか?」
「いや、それは違うみたいだ。恋したのは全員女の子だったし。ファッションは好きだけど、スカートやヒールはきたいってわけじゃなかったし」
「そうなんですか……得手不得手は皆ありますよね?」
「と思うよ。今は料理出来る男も増えてるし、別にいいんじゃない?」
 塚田は頷いて、ワイングラスを傾けた。
「ところでそれ、可愛いな」
 城田が塚田をじっと見つめながらそう訊いてきた。塚田はなんのことだろう、と首を傾げる。
「どれですか?」
「それそれ、リップかな? 口紅?」
 城田は塚田の顔を覗き込む。
 急に距離を詰められた形だが、城田はアーティスト魂がくすぐられたのか、一切の下心を感じさせない。無邪気に口元を見ている。
「えーっと……上原さんにもらったやつだから……名前はわからないかな」
「ああ、なるほど。よく似合うね」
「あ、ありがとうございます」
 口元をじっと見られるとは、これほど恥ずかしいものなのか、と塚田は頬を熱くする。
 思わず手で仰ぎ、城田がそれにはっとして姿勢を戻した。
「ごめん。嫌な気分にさせた?」
「いい、いいいえ」
 それから降りる沈黙。
 塚田はこの空気はあやしいのでは、と勘づき、姿勢を正したその時だった。
「ただいま……」
 と、ミクの声が聞こえてきた。
 てっきり帰ってこないものと考えていた塚田は弾かれたように立ち上がる。
「どうしたの?」
「塚ちゃん……あたしやっぱ女に見えない?」

***

 ミクは不服そうに唇をとがらせ、城田の用意したワインをぐいぐい飲み始めた。
「信じらんない。せっかく気合い入れていったのにさ、ラファエルって手も握んないの。食事は良かったよ、出前だけど。このご時世だから仕方ないんだけど。でもいつものように絵を見て、しゃべって、で、後はさよなら。ねえこれなんなの? せっかくデートだと思ってたのに」
 ミクはクッションを抱えたままソファに寝転がる。
 その頬はすでに赤く、酔いが回ってきたのだとすぐにわかった。
「でさ。あたしがもっと一緒にいたいなって言ったら、ラファエルなんて言ったと思う? 『ダメだよ、ミク。もうおやすみの時間だよ』だって。そりゃ外国人から見たら日本人って幼く見えるらしいけど、まるで子供扱いじゃん。ねぇ、あたしずっと子供だと思われてたわけ? 絵手紙もらって浮かれてバカみたいじゃないの。返事もいっぱい送っちゃったし……」
 塚田は城田に助けを求めるように視線を送ったが、城田は面白いものでも見るように口元をにやにやさせ、首を横にするのみだ。
「もうすぐ日本に帰るのにさ、このままラファエルとお友達ごっこで終わるってわけ? もうやだ。久しぶりにときめいて、もう終わっちゃうってこと? あ~あ、もう」
 ミクはクッションに顔を埋め、長い首を伸ばして猫背をひどくさせた。
「ミク。愚痴なら聞くから。とにかく顔あげてよ」
「うん。塚ちゃん。眠いっす」
「眠い? 歯磨いてきて」
「お母さんかよ~」
 ミクはそう言いながらもなんとか立ち上がり、洗面所に向かった。
 歩き方がやや千鳥足だ。
 塚田は心配になって彼女の背中を見守る。
「ラファエルは紳士じゃないか」
「そうですか?」
「そうだろ」
 ミクはソファに戻ると眠そうにまぶたを半分閉じていたが、話を続ける。
「でさあ、あたしがキスしようとしたのね。そしたらラファエル抱きしめて止めるんさ。その後なんて言ったと思う? 『僕は思い出になりたくないんだ』だって。こっちからしたらこれが最後のチャンスだと思ったんさ。なのにフラれたわけさ。あ~あ~。なんかてっきり両思いだと思ったのに、かっこわるいったら」
 ミクの話に塚田はおやっと思い、顔をあげた。
「それ、ラファエルはミクに本気ってことじゃない」
「だよなあ」
 と、塚田と城田が気づいたものの、当の本人は完全に酔いが回ったのか、クッションを抱いたままソファで微動だにしなくなっていた。
 やがて雪がしんしんと降り始める。
 窓に目をやった塚田は目を丸くした。
「なごーりーゆきーもー」
 城田がご機嫌よろしく歌い出す。
「この時期だと確かに名残って感じ」
「寒いんだけどね。雪が降ると温かい感じがするんだよな、僕は」
「あー、わかる気がします。あたしは家に閉じこもってさ、こたつで丸くなるの好きなんですよ」
「わかる。ああ日本恋しいよ。特に日本人と話すとたまらなくなるね」
「はは。お土産いっぱい置いてってあげます」
「やったね」
 城田と塚田はソファで眠るミクを囲み、二人でパーティーを続けた。
 城田のスマホには【雪が降ったから行けそうにない】というマティスからのメッセージが来たが、二人が気づくのは翌朝のことである。

耳攻め体験してみない? えっちなASMR多数!もちろん男性向け作品も……

次のページへ >

follow us in feedly

-小説, 続・うそとまことと
-

© 2022 椿の庭 Powered by AFFINGER5