当サイト「椿の庭」は、広告収入、「OFUSE」からの投げ銭を収入源として運営されています。

生活

色っぽさ研究所 さいごのご挨拶

色気とは何か?

 

「素っぽい」

「生っぽい」

「命を感じる」

とてもシンプルですが、こういった部分に色気が宿るのだなあ、と気づきました。

女性ホルモンのバランスが良い、というのも大きな要因の一つですが、これも突き詰めれば「健康的な」になります。

もっとシンプルに言えば、「素材が良い」ということでしょうか。

身長、体型、顔立ちはそれぞれ好みがあり、個性があるので「これこそ色気!」と決めることは誰にも出来ません

そういう意味の「素材」ではなく、

「健康的である」

「女性ホルモンのバランスが良いと髪、肌がきれいになる」

「赤とは血色の良さ、生命を感じる色である」

という「命」という意味での「素材の良さ」です。

人にはそれぞれに美しさがあります。

個性ともいえるかな?

これらは無理に飾り付け、本来の良さを隠すようにしてはいけないもの。それをすれば色気や魅力はもっと遠ざかります。

有名人や、近くのあこがれの人……そういった人たちに近づけるのではなく、あなた自身をきれいにすることが大事。

人は脱いだ時に美しくあるのが理想です。

もちろん裸でい続けることはほぼありません。ですが服装一つとっても、究極でいえば「ゴテゴテしていない、シンプルで体やその人自身をきれいに見せるもの」が一番色っぽい。

シンプルはごまかしが利きません。

着こなすためにはやはり「素材」である「あなた自身」が重要なんですよね。

体重の問題じゃないですよ。

姿勢が良いとか、それだけでもきれいに見えたりするものです。

そこが大切なんです。あなた自身の生き方が外見に表れてくるんです。

あなた自身の良さ、美しさ、色っぽさを発見し、磨き、大切にしてあげて下さいね。

そして、そのためにこれらの記事が役立ちそうであれば活用してください。

ここまで訪れ、そして読んでくださりありがとうございました。

 

 

追記

「さいしょのご挨拶」で書いてある「自分のためにやっている」の続きをちょっと書き足しておきます。

「誰かのため」でやってしまうと、「”その誰か”のせい」になってしまう可能性もあるし、自分で自分を見失ってしまう可能性があるんですね。

そうなると、誰かや自分が傷つくかもしれない。

そのため、「自分のためにやる」が一番良いと思うんです。

私は赤がやはり色気のある色だと思いますし、愛だなーと思う花はやはり真っ赤なバラです。

ですが、赤が苦手、好きではないなら無理に取り入れる必要はないのです。

年を重ねると好みが変わる、もしくは広くなる、視点が変わることがあるので、その時「良いな」と思うもの、したいことを大切にするのが、あなた自身の感性や、心の奥深さを育てることにつながります。

これは役に立ちそうかな、と思える情報を取り入れ、必要でないなら入れない。

あなたの人生の主人公はあなたです。

自分を大切にする人は、他者のことも大切に出来ます。

まずは「自分のために女性である自分を楽しむ」

これで良いはずです。これが良いはずです。

それでは、ここまでお読みくださりありがとうございました。

 

戻る→トップページ

 

当サイトがあなたの役にたった時は、コーヒーでもおごって下さいw

クリックしていきなり課金というわけではないので、そこはご安心くださいませ。

深月にコーヒーをおごる 無料コメントもお待ちしております!お気軽にどうぞ。

運営者:深月 カメリア

-生活
-,

© 2024 椿の庭 Powered by AFFINGER5