乾燥肌

Cグループに当てはまる項目が多かったあなたは「乾燥肌」です。

乾燥肌とは皮脂腺の働きが低下し、皮脂の分泌が減ったため角質層の水分が低下した状態のことを指します。

人間の肌は油分で表面に膜を張ることでお肌を乾燥から守っているのですが、それが失われた状態ということです。

皮膚表面がかさつき、角片がはがれやすく、それが進むと粉をふいたような状態になります。

角質層の水分、角質細胞内の保湿成分や細胞間脂質が不足しているため、外から水分を与えてもそれを保つことが難しいのです。

肌の代謝も低下し、古い角質が蓄積して角層が分厚くなることもあるため、角質による毛穴の詰まりが原因の乾燥性ニキビが繰り返し起きるということもあり、お手入れしても効果を感じにくいのも特徴の一つ。

お肌を守る油分が少ないので、外気などの影響を受けやすくかぶれや湿疹などの肌トラブルも起きやすいお肌です。

女性や高齢者に乾燥肌の方は多く、加齢や女性ホルモンの低下により皮脂分泌が低下するのも要因の一つ。

 

普段のおすすめスキンケア

洗顔は皮脂を取り過ぎないものを選びましょう。

洗顔で保湿成分入り、というものもありますが、洗顔料のほとんどは1分以内に洗い流すものなので効果を期待しすぎないように。

化粧水は保湿効果の高いものを使用し、油分のあるクリームや、オイルなども使ってみましょう。

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などが入った化粧水を、パッケージで勧められている量手のひらに取り、クリームであれば耳かき1~2杯をまぜてお肌を包むようにして乗せていきます。

オイルなら1~2滴ほどを化粧水に浮かべて、同じようにお肌に乗せます。

人それぞれ、また日、体調によりお肌の調子は変わりますので、不足を感じるかどうか、という使用感でこの量を増やしたり減らしたりしてみましょう。多すぎてもいけません。べたつく場合は多すぎるのです。

肌荒れがひどくなっている場合、ビタミンA、Eが配合されているものもおすすめ。皮膚表面をなめらかにしてくれます。

マッサージなどで血行を促し、お肌全体に栄養成分が行き渡るようにするのも〇!

 

角質が分厚いと保湿成分が浸透しづらくなります。

長い間乾燥肌で悩んでいたり、ニキビを繰り返す場合、角質が分厚くなっている可能性があります。

スキンケアの前にホットタオルで肌をほぐして血行を促したり、スチームを浴びながらスキンケアをすることでお肌が柔らかくなり、浸透性が高まりますのでぜひお試しください。

 

化粧水はセラミドが良いか、コラーゲンが良いか……は人により変わります。あなた自身の使用感が最も正確ですので、テスターやパッチテストを行ってみましょう。

主な保湿成分一覧⇓

・セラミド

・ヒアルロン酸

・コラーゲン

・エラスチン

・天然保湿因子(NMF)

・プロピレングリコール

・グリセリン

刺激に弱くなっているため、注意点もあります。

強い洗浄成分が入っているものや、香料、添加物、着色料、防腐剤は刺激となる可能性があります。

シンプルな配合で作られたもの、上の保湿成分が一番目か二番目に書かれているものなどを選ぶようにした方がよく、低刺激表示のスキンケアコスメなどもありますので、やはりテスターなどで確かめてみましょう。

こまめな保湿ケアも良いのですが、あまりやり過ぎると肌の水分が蒸発してしまうかもしれません。

起きた後とお化粧前、寝る前のケアをしっかりすることを重視しましょう。

 

おすすめのお食事はたんぱく質やオメガ3、オメガ6などの良質なオイルを適切な量摂る事。

βカロテンやビタミンEなどもお肌の調子を整える力を持っています。

女性ホルモンの低下が気になるなら、豆乳やジャスミンティーなどもおすすめ。(女性の心強い味方・ジャスミンティー


コスメティックタイムズ

© 2022 椿の庭 Powered by AFFINGER5