Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー

当サイト「椿の庭」は、広告収入、「OFUSE」からの投げ銭を収入源として運営されています。
no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 最終話 秋光の気配

2022/6/18    

 半日をかけてようやく着いた沼地は、不気味なほどに静まりかえっていた。  風が止まっている。  木々は枝を垂らし絡み合い、岩や石は黒い苔のようなものでびっしり覆われている。  獣たちの気配すらなく、先 ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第43話 光明

2022/6/11    

 城内で指揮を執っていたシアンを見つけ、オニキスは事情を説明した。  怪物――スピネルのことだ。  アンバーも現れ、警備を充分に固める方向で話がまとまったころ、ブルー達も無事に合流した。  サンとジャ ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第42話 和解

2022/6/4    

 城下街では青白い顔をした者達でいっぱいになっていた。  彼らは「捧げよ」と繰り返し呻いているという。 無事だった者達を城へ集め、シアンは部下の報告を聞きながら城の防備を固めていた。 「あの、あの、シ ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第41話 昔話

2022/5/28    

「一体どうしたと言うんだ?!」  シアンの怒鳴り声が城内に響いた。  バーチ兵、シアンの部下は口々に「わかりません」「突然人々が襲いかかってきたんです」と繰り返す。  民間に武器をふるうわけにもいかな ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire ー白樺の女王と水の貴公子ー 第40話 急転直下

2022/5/21    

 火で色を変えた柱が幾重にも重なって倒れている。  夜空は皮肉なまでに澄んでいた。  まだ焦げ臭い匂いが風に紛れているものの、このあたりはスプルスの別宅である大きな邸を除いて人家はない。  王都は平穏 ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第39話 化けの皮

2022/5/14    

 黒い波の中にゆったりと光の粒が混じっている。  瞑想の最中、額のあたりで見えるその光や揺らぎは、日々増えていた。  斎戒を終え、神殿でお祈りのための日々が始まって4日経つ。  王城では軽微犯罪はある ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第38話 沼

2022/5/7    

 ブルーがシャムロックを連れて来た、という報告をコーから受け、オニキスはバーチ城へ向かった。  シャムロックの足首についた小さな筒から手紙が届いたのだ。 「内容は?」 「侍女長殿からです。一つは斎戒が ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第37話 その声

2022/4/30    

 1週間かけて行う斎戒は朝早い。  朝日が登り始めるころに目覚め、朝日を浴びながら体を洗う。  体を洗うのはスケイル山にある青湖だ。  その名の通り、澄んだ青い湖。湖面は穏やかで、身を清め力があると考 ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第36話 神域へ

2022/4/23    

 夏祭りの準備のため、スケイル山に向かうのはいよいよ明日だ。  白樺の苗木は順調に育っていた。  シルバーは膝を抱えてそれを見つめ、頭の中では違うことを考える。  鉱夫達の様子は日々変わっているようだ ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第35話 暗中模索

2022/4/16    

 オニキスはいつも通り、王の日記を読んでいた。この時はコーも一緒で、マゼンタとブルーの4人での作業となっている。  マゼンタが言うには、シルバーもこの頃王の日記を読んでいるらしいとのことだった。  彼 ...

気が向いたらうっかり手を滑らせて拡散してみて下さい。

© 2024 椿の庭 Powered by AFFINGER5