Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー

当サイト「椿の庭」は、広告収入、「OFUSE」からの投げ銭を収入源として運営されています。

Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー 小説

Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー 第5話 ウィローへ

 アイリスではなく、そのまま帝都への街道を進んだ。  商人は運送業者と共に器用に出入りしており、その流れに便乗したのだ。  ミラは茶髪に髪を染め、衣服も変えている。  農婦の出で立ちのため、娼婦めいた ...

Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー 小説

Tale of Empire ー蛇王の秘宝編ー 第4話 剣

 覚えているのは薄暗い屋敷のその天井に、ムカデが多くいたことだ。  ムカデには毒があるから、と侍女がそれを排除した。  その次の日に侍女はいなくなった。  養父はそれを嫌って、幼かった自分の手をひいて ...

Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー 小説

Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー 第3話 互いの事情

 ダリアの街は兵士達に溢れていた。  食堂に風呂場、娯楽施設、と歓楽街はいっそう賑やかで、いっそう荒ぶっている。  女達は日中でさえ危険だから歩けなくなっているらしい。  無理もない。  すさんだ男達 ...

Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー 小説

Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー 第2話 ある青年の話

 湿り気を帯びた鍾乳石が進む者を阻むようにつき立っている。  上から乳房のように垂れ伸びる鍾乳石を伝った水滴が、時々水に落ちぴちょーん、と音を立てた。  光源わずかな空間に、カンテラの炎がぼやぼやと揺 ...

Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー 小説

Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー 第1話 新たな旅への誘い

 先の戦闘が終わって半年が経つ。  アイリスは新たな王をいただき、国の再興のために動いていた。  先代の王・ジェンティアナは帝都で静かに暮らしているという。  ジェンティアナは憔悴した様子で、とても帰 ...

Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー 小説

Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー 登場人物

シリウス  28歳竜人族の実質リーダー。先の内戦でロータスを人質に取り、相互理解を深め共闘。戦争の原因となっていた魔女の撃破に成功した。 数少ないが誠実な人柄。 銀髪、浅黒い肌。青い目だが感情がたかぶ ...

Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー 小説

Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー ざっくり設定

アッシュ帝国 トネリコを象徴として掲げている。4つの王国を統べており、大陸の中央に位置。 皇帝の住む都は首都、中央、などと呼ばれている。帝都と呼ぶ場合もある。 バーチ王国 象徴は白樺。 首都の北方に位 ...

Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー 小説

Tale of Empire -蛇王の秘宝編ー

先の内戦から半年。 火山の噴火、水源の崩壊、戦火に焼かれた不毛の大地と化したアイリス王国。 この再興を果たすため、シリウスは一人「命の秘宝」なるものを求め旅立つ。 一方コネクションでも新たな動きが―― ...

気が向いたらうっかり手を滑らせて拡散してみて下さい。

© 2024 椿の庭 Powered by AFFINGER5