Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー

当サイト「椿の庭」は、広告収入、「OFUSE」からの投げ銭を収入源として運営されています。

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 小説

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 最終話 新たな流れ

 灰は雨に濡れ、重みと暗さを増して落ちてくる。  クレマチスは王都に積もる灰を見ていたが、足下の揺れが大きくなっているのに気づいて目を見開いた。 「来る……! ベリル姉様!」  ベリルも気づいていたら ...

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 小説

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 第39話 地下宮殿

 ピオニーは後に続いた兵士により投獄された。  暗殺者達は投降し、軍に協力して薬を各方面に届けに行ったという。  軍は動かないのではなく、動けない様子だと報された。  何はともあれロータス達は開かれた ...

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 小説

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 第38話 なすべきこと

 王都の近くまで到着したものの、不気味なほど静まりかえって人の気配がない。  橋と門は両方閉ざされているが、オニキスの合図で中から開かれた。  一行は武装していたものの、拍子抜けした空気すら漂う。   ...

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 小説

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 第37話 銀の竜の婚礼 *官能シーンあり

 3日が過ぎた。  静かの森はいつになく人が多い。だが相変わらず静かなままだった。  ダイヤモンド山の噴火に、王都で起きたクーデターとその首謀者の判明に皆混乱しているためである。  王国軍はアゲートの ...

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 小説

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 第36話 流れ出る怒り

 ダイヤモンド山の頂上のほど近く、そこに丸く造った人工の湖がある。  スティールは二人減った弟分とプルメリアを連れそこに立っていた。  他の鏡の通路は潰されたらしい。これで逃げることも行くことも出来な ...

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 小説

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー第35話 ダイヤモンド山

 広場に旅だった者達が戻り、鏡の破片や銀食器が集められる。合計6つ。 「刺客は現れなかったか?」  とオニキスが聞くと、やはりそれぞれ現れたが撃退したという。 「これで魔女の道を潰したわけだな」  シ ...

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 小説

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 第34話 腹を割って

 ダブルリバーは思ったよりも乾燥していた。  人の気配は少なく、農業もまともに機能していない。  家畜といえばロバが多いようだ。彼らは粗食に耐え、頑丈で小柄なため馬より好まれる。  ロータスの指示でロ ...

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 小説

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 第33話 各個撃破

 広場にシャムロックがやってきて、新たな報せをもたらした。  ――アジュガ王子の戦死。  集落にはまた沈んだ空気が流れた。今更彼に対する怒りはなく、ロータスの胸中にあるのはなんとも言えない悔しさだけだ ...

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 小説

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 第32話 会議

 静かの森に入ったが、ロータスは道を知っているわけではない。シトリンが先頭に立ち、案内するのに従うばかりだ。  カラスが飛び去っていくのが見えた。彼らはどこへ行くのか……方角も分からないが、とにかく遠 ...

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 小説

Tale of Empire ー復活のダイヤモンドー 第31話 王都陥落のその日

 話はさかのぼるが、王宮が陥落したその日である。  王都で起きた暴動により、民が離れていった。  まだ残っている者達もいる。ジェンティアナは騎士を呼び、彼らを速やかに王都から脱出させるよう指示を出した ...

気が向いたらうっかり手を滑らせて拡散してみて下さい。

© 2024 椿の庭 -The Camellia Garden- Powered by AFFINGER5