小説

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第39話 化けの皮

2022/5/14    

 黒い波の中にゆったりと光の粒が混じっている。  瞑想の最中、額のあたりで見えるその光や揺らぎは、日々増えていた。  斎戒を終え、神殿でお祈りのための日々が始まって4日経つ。  王城では軽微犯罪はある ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第38話 沼

2022/5/7    

 ブルーがシャムロックを連れて来た、という報告をコーから受け、オニキスはバーチ城へ向かった。  シャムロックの足首についた小さな筒から手紙が届いたのだ。 「内容は?」 「侍女長殿からです。一つは斎戒が ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第37話 その声

2022/4/30    

 1週間かけて行う斎戒は朝早い。  朝日が登り始めるころに目覚め、朝日を浴びながら体を洗う。  体を洗うのはスケイル山にある青湖だ。  その名の通り、澄んだ青い湖。湖面は穏やかで、身を清め力があると考 ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第36話 神域へ

2022/4/23    

 夏祭りの準備のため、スケイル山に向かうのはいよいよ明日だ。  白樺の苗木は順調に育っていた。  シルバーは膝を抱えてそれを見つめ、頭の中では違うことを考える。  鉱夫達の様子は日々変わっているようだ ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第35話 暗中模索

2022/4/16    

 オニキスはいつも通り、王の日記を読んでいた。この時はコーも一緒で、マゼンタとブルーの4人での作業となっている。  マゼンタが言うには、シルバーもこの頃王の日記を読んでいるらしいとのことだった。  彼 ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第34話 バーチ物語

2022/4/9    

 バーチの先住民と、初代王が結ばれた物語は今でも「教訓」として伝えられている。  バーチの初代王は時の皇帝の末弟であり、若々しい青年だった。  青年はバーチに王として赴任するが、そこにいたのは角を持つ ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第33話 薔薇園の夜

2022/4/2    

 帝国軍の新たな先遣隊が到着し、アンバーはその引き継ぎ指導を開始した。  アンバー達の調査により浮き彫りになった濁流の続く箇所は地図に記され、机に出されたそれには危険地帯を表す赤い線が生々しく描かれて ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第32話 王の日記

2022/3/26    

 黒々と輝く鱗が蠢いている。  いつもの夢だ。  シルバーは手にしているペンを握りしめ、どこへともなく逃げだそうとした。 「どこへ行く?」  そう耳元で囁かれ、シルバーは小さく悲鳴をあげると腕を振り上 ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第31話 捜査開始

2022/3/19    

 朝、執務室の窓から庭を見おろし、シルバーは異様なものを見た。  オニキスとナギ、コー以外の捜査機関のメンバーがテントを設営しては直し、設営しては直し……を繰り返している。掃除もやりながら。  かなり ...

no image

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 小説

Tale of Empire -白樺の女王と水の貴公子ー 第30話 こんなひとときも

2022/3/12    

 持っているドレスの中でも一番良いものを、とシルバーは古いものだがシルエットの美しい、なめらかな生地のドレスを選んだ。  オフホワイトのそれは純白のレースの縁取り、刺繍の銀糸はロウソクの火でちらちら輝 ...

© 2022 椿の庭 Powered by AFFINGER5